憧れのキャンピングカーを低価格で実現した
「旅する家(TRAVEL HOUSE)」

トラベルハウスは100万円を切る低価格ながらも、法律も守りつつ、安全性、快適性、居住性を兼ね備えた、コストパフォーマンスの高い「旅する家」です。このトラベルハウスは2017年3月に販売を開始。それからたった数ヶ月という短い期間ではありますが、すでに60名以上のご家族に購入していただいていて、その多くが40代から60代のご夫婦です。実際、キャンピングカー市場全体で見ても、キャンピングカーを購入する人は年々増えていて、購入する人の89%は40~60代のご夫婦。そのほとんどが夫婦2人で、あるいは夫婦2人とペットで旅行に行くために購入されるそうです。

欲しいけど高価。普段使いにも向かない。
夫婦2人で使いやすいキャンピングカーがない…

しかし、キャンピングカーは高価なものが多く400~600万円台、高いものでは1,000万円を超えるものも…。車体も大きいから小回りが効かず、駐車場に入らない場合もあるため、奥様が普段の買い物に使うには不便だったり…。
そういった理由もあって、キャンピングカーを夫婦2人で使うために購入するという決断は決して簡単なものではありません。
そんなご夫婦にぴったりな、旅行もできて普段使いもできる低価格のキャンピングカーとして誕生したのがトラベルハウスです。

企画から3年半。
軽トラックを生活できる家として家づくりを熟知した職人が作り上げた新しいキャンピングカー

トラベルハウスは家としての役割を大切にしています。たとえば、セミダブルのベットで夫婦2人で足を伸ばしてゆったり寝ることができます。標準仕様で外部コンセントがついているので、、キャンプ場など外部電源がある場所なら、ハウス内で普段の生活に必要な家電製品を使う事ができます。
そして、テーブルやイスの配置、壁紙の種類、2段ベッドの有無など、トラベルハウスの居住空間を自分たちの好きな間取りやデザインにアレンジして生活することができます。見た目は軽トラックだけど、夫婦2人のもう1つの家として、家づくりを熟知した職人が作り上げました。

あるご夫婦はペットと一緒に過ごすホテルとして。
ある旦那さんは書斎や仕事部屋として。

夫婦揃って旅行が大好きで、キャンピングカーが欲しかったけれど、自宅の駐車場は1台しか入らず、普段の買い物や移動手段には不便なキャンピングカーにはどうしても乗り換える勇気がなかったSさんご夫婦。夫婦2人とワンちゃんで旅行に行きたいけど、ワンちゃんと一緒に泊まることができるホテルがなかなかなくて、日帰りの旅行しかできなかったHさんご夫婦。他にも、クーラーボックスを積んで大好きな釣りを楽しみながら、ときには家族に内緒で書斎や仕事をするためのプライベートルームとして過ごすKさん。もともと軽トラを持っていて、農業をしていたけれど、腰が悪く休憩できる場所がなくて辛い思いをされていたTさんご夫婦。
それぞれの夫婦によって過ごし方は様々ですが、夫婦2人で快適に、安全に生活できる家として、ときには移動手段のクルマとして…安全性、快適性、居住性を兼ね備えた、コストパフォーマンスの高い「旅する家」として使っていただいています。

非常時には防災シェルターという
家族を守るための手段として。

トラベルハウスを購入していただいた旦那様は、決して口には出されませんが、地震や津波が起きた際に奥様やご家族を守るための防災シェルターとして、長く避難生活する事態になっても生活できる家として期待していただいています。
トラベルハウスの製作に携わる私たちも兵庫に会社を構えているため、職人もスタッフも阪神淡路大震災を経験しているものばかりです。最近では、東日本大震災や熊本地震などで車中泊を強いられた方やエコノミー症候群にかかってしまった方がいらっしゃったことも記憶に残っています。起きてほしくはない事態ではありますが、そういった緊急時にもトラベルハウスが役立てればという想いも込めて、もっと多くの方に「旅する家 トラベルハウス」を広めていきたいと思っています。

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー