新型ハウスのご紹介その3~DIY要素はそのまま~

今回は新型トラベルハウスのご紹介その3です。

変わる所もあれば、変わらない良さもある・・。そう、お客様より支持されていたポイントは変えずに引き継いでいます。

内側の壁はDIY仕様

従来からお客様に喜ばれていた、購入後に自分で出来るDIY要素はそのまま残しています。

内側の壁はビスが打てるような厚みにしているため、収納棚、カーテン等をご自身で取り付けることが可能です。インテリアを好きな様にアレンジ出来る要素は残っており、車とは違う住宅の部分を踏襲したトラベルハウスとなっています。

但し、軽量化と耐久性を上げる為ハウスを作る素材を変えましたので、今まで個別に承っていたハウスの構造を支える骨組部分(床・壁・柱等)に関わる特注を受ける事が出来なくなりました。

例えば、標準窓を小窓に変更したり、小窓を上下二連にしたり、ドアの位置をズラしたり、開口の幅を変えたりですね。

新型になって大きく変化したところもあれば、従来のトラベルハウスで喜んで頂いている良さも残しております。

まだまだ沢山、変わったところはございますので、展示会になかなかお越しになれない方々の為にも、これからもニューモデルの情報を発信していきますね!

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー