fbpx

す・またん!に出演しました

読売テレビ 朝の情報番組 す・またん! に取材していただきました。

ディレクターやテレビクルーが率直で面白い方たちでした。
キャンピングカー特集を組んでいたようで、またしても西宮の
大手キャンピングカー販売店様を取材に行った後の2発目で
トラベルハウスの取材だったようです。

私たちは堂々と、他のキャンピングカーを扱っているところに
がしがし入っていくには肝が据わっておりませんゆえ、
どんな感じだったのかを伝えききました。

面白かったのが、展示台数は多い。
軽のキャンピングカーも種類は結構ありましたよ。
とのことでしたが、なんか気持ちが入っていないような受け答え。
キャンピングカー、自体に若干飽きてるのかな?みたいな感じでした。

最初は、弊社のトラベルハウスも最初は商品を見せずにしゃべっていたので
取材の準備中はちょっとテンション低目でした。
次にディレクターさんと「じゃぁどうやって、何を撮りますか?」
という打ち合わせをした際に、初めて、トラベルハウスの中を見ていただき
ディレクターさんもテレビカメラマンも二人が同時に、
「うぉっ!ひろっ!」と本当にびっくりしたように声を出され
「トラベルハウスは外観から想像がつかない位に広いですね!」
「これでいくらですか?98万円!?車入れて200万円?めちゃくちゃ広いし安いですよ!」
「軽のキャンピングカーを見てきましたが、この広さを車で手に入れるには
最低700万円でしたよ、それでもこんなに広くは無かったんじゃないかな?」
「これは大人が本当にゆっくりくつろげるでしょうね。移動して寝て、また移動する
みたいなアクティブな使い方をされるならとても便利だろうなぁ」
「軽トラックだから雪道砂利道でも入っていけますよね。歴史探索とか
御朱印集めとか非常に便利ですよね。あぁ~これは本当にいいなぁ」
「仕事が定年来るまでには早く買っておいて、トラベルハウス生活にちょっと慣れときたいですね」

と今までのテンションの低さは何だったのか!?というくらいに
めちゃくちゃしゃべられました。
聞いていてこっちの方が売り込み掛けられているんじゃないか?
と思うくらいに、トラベルハウスのいい点をPRしてくれました。
いやぁ売り子をやっててこんなうれしいことはないですね。

と、取材が来てくださったおかげもあり、その日に契約を頂くことも
でき、本当に満足した取材でした。

す・またん!様ありがとうございます!

武智

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー