トラベルハウスを取り外した時の注意点

お客さん:「軽トラックから取り外している時はどうやって置いておくのですか?」
「取り外している時は、人は乗っていいんですか?」
と、ご質問を受けたのでお応え致します。

水平で地面が固い所で取り外してください

まず、取り外す時は地面に注意して下さい。出来るだけ水平であり傾斜でないところ。そして固いところ。この2つに注意です。地面が凸凹していたり、傾斜があるところで取り外すと、上手く取り外せないですし、取り外しても次取り付ける時に取り付けられないことがあります。倒れやすくなりますし、それに人が乗ると荷重が均等にいかず、危険です。
極力真っ平らで傾斜のないところで脱着をして下さい。

そして地面は固い場所が良いです。砂利などの柔らかい場所に置くと、重みで沈む可能性があります。そうなれば取り付け時に軽トラックの荷台の高さまで上がらず、取り付けられません。

置いておく場所は、凸凹しておらず水平で、コンクリートやタイルなど固い地面でお願いします。

2ヶ月以上取り外したままの際は中央に支えを入れて下さい

また、軽トラックを普段使いハウスは3ヶ月に一回くらいという方もいらっしゃるかもしれません。ハウスを2ヶ月以上取り外した状態で置いておく場合、標準で取り付けてある4本の足(ジャッキ)だけでは負荷がかかるため、ハウスの中央に体重を支えるものを置くことを推奨しています。
農家の方が野菜を入れるコンテナなどはホームセンターで安く売っており、使いやすいです。

その取り外した状態で人は乗っても構いません。ただしトラベルハウスは2人乗りの軽トラックの荷台に合わせて作っており、4本のジャッキだけの状態で大人4人以上や子供が5、6人も乗ると重量的にジャッキに負担がかかるためお控え下さい。ジャッキだけの状態で中で揺れたり、騒いだりすることもジャッキに負担がかかります。

人が乗る時は先ほど言ったコンテナなどを置く方が、揺れが軽減され、またジャッキへの負担も少ないため、そうして頂くようお伝えしています。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー