参加して下さった皆様、ありがとうございました!

こんな光景初めて見ました!初めて知り合ったお客さんと一緒に、飲んだり騒いだり。最初は多少ぎこちなかったですけど、お酒を飲めば何のその。勝手に陽気になって、自然と会話が生まれます。

皆さん、全くよく飲まれる。気分が良くなった皆さんは、特に男性陣はトラベルハウスの周りに再度集まり、工場長仕様のハウスの中に男4人。缶ビール片手に膝を突き合わせて楽しそうにおしゃべり。ハウスのTWIN(ツイン)仕様は、ご夫婦向けに考えて作ったのですが、こうした仲間同士で、身を寄せ合い、話をするのもいいもんだなと感じました。

トラベルハウス一台あれば、大人4人が座って楽しく話をするには問題ありません。端から見ていて、とても幸せな気分になりました。仲間内で一台という買い方もありではないでしょうか?一家に一台から友達、仲間とシェアするトラベルハウス。これも素敵な形です。

 

一方、奥様方はどうかというと・・・。
ハウスの中で陽気に話す旦那を気に掛けながら、女性は女性で集まってこちらも井戸端会議的なかんじでしょうか。

陽気に楽しむ男性陣と冷静さを失わない女性陣。
やっぱり男性には女性が居ないとダメだなと思った瞬間でした。(笑)

夜も更け、時間は11時。そろそろお開きにしましょうか。と楽しい宴会は終わりを告げます。解散して明かりを消せば真っ暗闇。静寂が夜を包みます。ほろ酔い気分のまま、トラベルハウスに戻って、寝巻きに着替えて後は寝るだけ。

ベッド展開はものの数十秒。寝袋を敷いて毛布を掛けて寝ました。
眠りに落ちる時、トラベルハウスを使ったお客さんの笑顔を見ることができて、とても満足で、深い眠りに入りました。

 

 

 

 

翌朝5時過ぎに目が覚め。まだ靄がかった琵琶湖を一人で散歩。トラベルハウスで旅行に行くと、朝起きるのが早くなります。朝方の綺麗な空気をいち早く吸いたいんだと思います。

この日は8時くらいから、お客さんが入れ替わり立ち替り来られ、商品のご説明などで気付けば10時。たくさんの方にトラベルハウスをお見せすることができてよかったという気持ちを胸に、最後はみんなで集合写真をパシャり。

帰りしな、塩元帥により、ラーメンとチャーハンを食べ、楽しい滋賀県ツアーは幕を閉じました。

次はどこの都道府県にお邪魔しようか?
今から楽しみでしょうがありません。

お越し下さった皆様!とても楽しかったです!
ありがとうございました!

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー