名古屋キャンピングカーフェアに行ってきました!④

名古屋キャンピングカーフェアに行った時の続きです。

展示場を後にして、僕と工場長は夕方5時から、えっちらおっちらと西に向かって走りました。湾岸線を通りひたすら高速。湾岸線は海がそばにあるためか風が強くて、途中で何度かハンドルを取られました。車高が高いのであまり風が強いところは通らない方がいいかもしれません。ただ、トラベルハウスは工場長の使用の経験をもとに創られています。なのでもちろん風の影響も想定し、そのためにシェルの重量を少し重ために創っています。こうすることで、シェルの高さはあるのに風の影響は少なくすることができてます。しかしまだまだ風の影響を少なくするための改良は必要ですので引き続き励んでいきます。

湾岸線を通り抜け、目指すは京都の道の駅、日吉ダムです。ご存じの方も多いかと思います。今日はここで車中泊をすることにしています。名古屋から3時間くらいかけて到着。着いたのが8時半過ぎ。途中のコンビニで、レンジでチンできる食べ物とカップラーメンとおにぎりを買って、工場長の電子レンジと湯沸かしポットを使い食事。

シェル内にあるテレビを見ながら今後のトラベルハウスをどうしていきましょうか?とか、工場長の娘さんの話とか。やっぱり子供がいる父親は娘さんのことが一番心配なようですね。
いい年にもなってだらしないとか、社会の厳しさがわかっていないとか、いろいろ本音が垣間見えますが…それでも明日は家族サービスのために温泉に行くことになっているらしく。明日の朝7時には家に帰らないといけません。仕事に家族に、父親は本当に大変なようです。

ご飯も一通り終わり、朝早く起きたせいもあるのか、眠気が襲ってきました。工場長も明日は早いということで、夜10時半頃。就寝です。この時間は車がポツポツとしかなく、本当に静かなところです。

ヤンキーっぽい方が騒音を出しながらバイクで現れることもありましたが、それも車中泊ならではだなと思い、1泊2日の旅は終わります。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー