シェルの保管場所

先週の日曜日にお客様がトラベルハウスを茨城の事務所まで見学にいらっしゃいました。特に今回お会いさせて頂いたお客様はモノを作るということにお詳しく、商品ができる工程や材料などを工場長と確認し、また「こうすればどうですか?」といった具体的な改善案などもおっしゃってくださりましたのでシェア致します。

シェルの保管は雨風にさらされる場所に置いていても大丈夫なの?

雨風にさらされない屋根付きの駐車場に停める場合と、そうでない場合を比べますと、確かに後者の方がシェルの劣化は早いと思われます。屋根付きの駐車場があればベストですが、もし青空駐車場の場合で気になされるようでしたら、カー用品店などで売られている車にかけるシートカバーを被せていただくなどして保管されるのがいいかと思います。

雨風にさらされても雨漏りの心配はありませんし、また2年の構造保証が短くなることもありません。より長期間シェルをご利用頂くための方法としてお考え頂ければと思います。

トラベルハウスのご購入を考えているお客様は、トラベルハウスがどうすればもっと良いものになるかということを、一緒に考えて下さいます。購入される前から商品のアドバイスを頂ける商品というのは、世界広しと言えどもトラベルハウスだけではないのか、と。こんな自慢を言いたくなるほど、有難いお客様ばかりです。

その他にも何点かご質問頂きましたので、またブログ内でも回答して、こちらをお読みの皆さまと共有していければと思います。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー