軽トラックのバッテリーにも注意が必要です

新しい発見がありましたのでご紹介します!
オプションの電気供給システムを装着すると、バッテリーへの充電が必要ですよね。

基本的には走行充電機が付いているため、軽トラックが走っているとき、もしくはエンジンをかけていれば走っていなくても、充電はされます。これは以前に電気供給システムの説明で詳しくお伝えしているので、また確認してくださいね。

今回分かったのは、[その充電のスピードは軽トラックに付随しているメインバッテリーの質や寿命によって影響される]ということです。

詳しく解説

軽トラックにはバッテリーが付いていますね。
仮に新品の軽トラックを購入したとして、最初の方はバッテリーも新品のため、電気供給システムのバッテリーへの充電スピードが速いんです。

しかし、軽トラックを乗ってメインバッテリーに負荷をかけていると、徐々にサブバッテリーの充電スピードが遅くなっちゃいます。

さらに、一般的には新車で購入した軽トラックに元々付いているバッテリーは、聞いた話だとそれほど高価なものではないそうです。そのため、バッテリーを少し高めのものにするだけで、充電スピードが上がるようになります。実際に工場長がついこの間体験したことなので、間違いなさそうです。

購入されている方の中で、電気供給システムを付けている方。バッテリーの充電が遅いと感じているようでしたら、一度車のバッテリーを交換してみる必要があるかもしれませんね。

一方、まだ購入されていない方は、軽トラックを選ぶ時に、新車か中古車かを決めなければいけませんね。

その時に選ぶ基準の一つとして、中古車であれば、バッテリーがどれくらい使われているものなのか?交換歴があるのか?なども、少し頭に入れて選ばれていかがでしょうか?

トラベルハウスのオプション選択率ナンバー1!
電気供給システムはぜひとも付けておきたいアイテムです!

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー