防災への取り組み

ニュースを見ていました。東日本大震災から8年が経つんですね。私も阪神淡路大震災を経験して、もう20数余年たちますが、人間の力ではどうしようもない災害でした。災害は地震だけではなく、台風などもありますが、昨年度も弊社も被災しています。

災害大国ニッポン、です。どうしようもない。
ですが、どうしようもないと嘆いていても始まらないので、弊社は防災への取り組みに意識を振り向けています。

防災というと備蓄をしたり、避難訓練をしたりと、いろいろ対策がありますが、私はどれも続きませんでした。備蓄物がどこにしまったかわからなかったり、避難訓練をしようと思っても仕事にかまけてしなかったり、といった感じで。

携帯から突然発生する避難訓練の音にもびっくりする程、個人としてはまるでだめな防災人間ですが、そういうずぼらな人でもできる防災対策はないものか、ということで、トラベルハウスの使い方を1つ挙げておきます。
ユーザーの皆様からしたら、大したことないな、という感じかもしれませんが。

まず蓄電池をハウスに積んでいること。弊社の蓄電池は105Ahで最大3つまで積めます。1つ積んでいれば電気毛布なら10時間くらいは持ちます。電気ポットなら30分ほどの湯沸かしが可能です。暖を取りながら、トラベルハウスで安全なところに避難していく。

なかなか被災直撃の場所からだと出にくいのも事実ですが、電気があるのとないのとでは、心理的な心持が全然違います。そういう意味ではソーラーパネルの設置も安心感がより増します。ソーラーパネルの発電量はそんなに大きくはないですが、日照時間をずっと蓄電できるといいですよね。最大3枚300wまで搭載できますよ。

武智

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー