軽キャンピングカーの寝やすさは乗用車と比べてどう?MOVUSEでのこだわり

乗用車での車中泊

車中泊を乗用車ですることがあると思います。とっても手軽なので。リアシートを倒してつかうと、かなり広くなり、ほぼフラット化するので十分寝ることが出来そうですね。実際寝ること、できます。私昔は寝てましたから。でも、この「ほぼ」フラットというところが微妙なポイントで、ちょっと寝転んで数分経つと、違和感がでてくるのです。この微妙な凹凸が気になりだすと快眠はできません。そこで多くの方は、エアマットを使うことになると思います、もしくはロールマットの上にタオルケットを引いたりしているでしょう。これで快適に過ごせるはず、と。

 

確かに、ある程度快適に過ごすことは可能です、しかし、どうしても私はふかふかの布団で快眠をしたい、と思ってしまいました。なぜなら目覚めたときの快感が全然違うから。ホテルに宿泊してエアマットで寝ることはないですし、ボーイスカウトもやっていたのでキャンプ生活もよく理解しているつもりですが、無理してシュラフで寝る必要はないわけです。できるのならいつものように、寝たほうが絶対良い。快眠できると日中の能率さが大きく変わってくるので。せっかく楽しみにして旅行に行っているのに、中途半端な睡眠で倦怠感を常に帯びながら楽しむのではなく、その土地その土地の最高の瞬間を、健全なる状態で感じていただきたい。私はそう願っております。

そのために必要なことは何なのか。私がたどり着いた答えは、自分に合った布団やベッドと枕で眠ることです。最近ではビジネスチェーンのホテルでも布団と枕にこだわりだしていますので、「快眠」はとてもだいじなのではないでしょうか。もちろんエアマットで寝ても構わないのですが、私の場合はエアマットやロールマット+タオルケット、とかではなかったのです。

では次に現実問題、乗用車に布団やベッドを詰めるか?というとこれはとても厳しい。ほぼ無理です。スペースを大幅に布団がとってしまうからです。布団を優先すると他の荷物が詰めない、なんてことにも当然なります。さらに、それでも布団で寝ると天井との距離が近い感じになります。だから、乗用車で車中泊をされている方で布団やベッドを積んでいる人を見かけないのだろうなぁと思います。何を選択し、何を割り切るか。人それぞれの判断には寄りますが、私は睡眠をとても大事に思っております。

 

軽キャンピングカーの寝やすさとMOVUSEでのこだわり

軽トラキャンピングカーMOVUSEですが、床面の広さがセミダブルのベッドのサイズとほぼ一緒、ちょっとMOVUSEのほうが広いかな。そして収納するのに、バンクヘッド部分がちょうど布団やマットを収納できちゃうのです。もちろんバンクヘッド部分にはほかに衣類セットなども詰め込めて、大収納量があります。実際ユーザー様の声でも、田舎に帰って、予想以上にお米をもらいまくってきた時に、バンクヘッド、意外と収納量あって助かりました、とおっしゃっていただけました。他1週間分以上の衣服や食料をいれても、まだ大丈夫、でしたよ、とかも。実際に体感していただいて感謝の言葉を頂戴すると嬉しいですね。

私が個人的にこだわっている「寝る」ことなのですが、皆様、案外大事だと思います。

MOVUSEは
床がフラット、
セミダブルの広さ、
天井高が立てるほどしっかりと高い、
バンクヘッドの収納が想像以上に大容量
となっています。
地味ですが、遮音もすごいので、いいですよ。おすすめです。

旅する家に関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話は旅する家についての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー