昔、家族で行ったキャンピングカーの思い出をトラベルハウスでもう一度 3

キャンピングカーショーに行って、金銭的な問題を抱えてから一週間。

諦めきれないあなたは、どうにかしてお金をやりくりできないかと思案します。
しかし現実的に難しい。家のローンや退職した後の生活。
孫ができれば、お金ももっと必要になってくる。諦めるしかないのか・・・。

月日は流れ・・・あなたは仕事を退職され、孫もでき、今は悠々自適な生活を送っています。
お金持ちというほどではないけれど、毎日不自由なく、贅沢ではないけれど、楽しい日々を過ごしています。

そんなある日、ぼーっとテレビを観ていると、「トラベルハウス」という、
軽トラックの荷台にシェルを載せ、それが取り外しでき、キャンピングカー変身すると
テレビのアナウンサーが大げさに言っています。

「なんだこれ・・・。」初めて見る光景にあなたはびっくり。
こんなのがあるんだ、と不思議に思いつつ、番組にクギ付け。
最後の金額を聞いてびっくり!なんと78万円で買えるって言っています。
そんなに安く・・・。驚きです。

観終わってあなたは瞳孔が開きます。
キャンピングカーショーで金額的に断念していた昔の日々が一気によみがえります。
そして閃きます。「これだ!」と。すぐにカタログを請求し、
まだかまだかと資料が来るのが楽しみで仕方ありません。

ホームページを調べても、ほとんど情報が載っておらず、
トラベルブログなるものがあるようなので、それをくまなくチェック。

カタログが郵送され、色々見てみれば、

  • トラベルハウスは軽トラックを使っているため2人しか乗れません。
    「夫婦だけだから問題ないか。」
  • 軽トラックが必要です。
    「今の車を下取りに出して、普段は軽トラックで出かければいいか。」
  • 展示会が兵庫県でやっている。
    「へぇー、今度の展示会。時間あるし行ってみよう!」

展示会に行ってみて

「取り外しって結構簡単にできるんだ」「乗ってみたけど、意外に重さを感じなかったな」「下取りもいい金額出してくれたし」「デザインもカラーも選べるんだ」「運転席のエアコンをハウスに取り入れられるのか」「金額も営業マンが頑張ってくれたし」「嫁も満更でもない感じかな」「うーん、欲しい・・・」「・・・買います」

昔の思い出、トラベルハウスでもう一度味わいませんか?

同じ思いを持っていた方が、既にトラベルハウスを堪能していますよ。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー