釣り時々タケノコ

釣り歴15年のお客さまから初心者でも釣りやすい魚を教えて頂いた後は、普段どんなところに釣りに行くのか?というのも教えて頂きました。

そしたら、後でお話しますが、「うわ~、羨ましい~」と私、釣り初心者も唸らせたとっておきの情報も教えて頂きましたので、共有しますね!

何も無いからこそ弾む会話

どれくらいのペースで釣りをするのか?
まずそれが気になったので尋ねてみると、「時期にもよって様々ですが、仕事が休みの土、日で行ける時は行きます。」とのこと。

行ける時は、一か月に8回行くこともあるとか。
毎週の土、日行くそうなんです!

「ふえ~、そんなに行って飽きないんですか?」
思わず本音が漏れてついつい聞いちゃいました。

そしたら、飽きないんですって。
時期によって釣れる魚が違うから飽きないそうです。
それに、「ボーっとするのも好きなんで。」
とも仰っていました。

なるほど。確かに私も釣りって暇そうにしているイメージで何度か行きましたが、
行ってみると、海は奇麗だし、空は澄んでるし、鳥や船が海の上を行ったり来たりするし、
波は揺らいでいるし、遠くには島が見えるし、たまーに魚が跳ねるし、
魚が釣れなくても根掛かりして格闘しているし、友達とどうでもいい会話しているし・・・

こんな感じで気づくと意外に時間が過ぎてたりしました。
それに、運転を任せちゃえば、お酒も飲めちゃうし。

釣りって男性がやるイメージですけど、女性でも、
カフェでまったりおしゃべりもいいですが、港で釣竿垂らしておしゃべりもできそうな気がします。

おしゃべりに夢中で当たりが来ても見過ごしてしまいそうですが・・・。
それはそれで楽しそうです。

私も去年の2月に始めて本格的なキャンプをして気づかされたんですが。

キャンプ場にしろ、港にしろ、基本的に何も無いんです。
何も無いというのは、特にデジタル機器とかが無いという意味です。

すみません。
無いと言うと語弊がありますね。
特に何も必要なくなると言い換えられます。

そしたらやることは限られていて、
そのメインは「会話をする」ということなんです。
たとえ一人でも、そこで知り合った方と会話になることはありますね。

会話がメインになると、大体いつも話している間柄だと、話すことってほとんど無いですよね。
だから自然と、普段話さないことを言えたりする。

去年キャンプに行って感じたことは、
そういえば釣りでも言えるな~って思いました。

キャンプは火を焚いて楽しむ。
釣りは魚を釣って楽しむ。
それはもちろんそうなんですが、
実はそれ以上に素敵な楽しみがあるってことに、
私も気づかせてもらったんです。

釣り歴15年の方も言っていました。
港で知り合った方と仲良くなって、タケノコ取りに行ったんですって。
「釣りじゃないんかい!」って思いましたが(笑)

「私はキャッチ&リリースではなくて、キャッチ&イートなんです。だから食べ物を探しに行くんです」って楽しそうに話されていました。

人の輪が広がり、自分の世界も広がっていく。
それって素敵だな~って思います。

あ、冒頭で言ったとっておきの情報を書きそびれてしまいました!
また次の機会に書きますね!

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー