自分に合った使いかた

展示会でお客様とお話していた時のことです。
あるご夫婦が、今の車の車検が近づいており、トラベルハウスにして、軽トラックを普段使いとキャンピングカーの両用にしたいとお考えでした。

しかし、詳しくお話を聞くと、どうも普段の近場の買い物くらいならいいが、遠くにいる子供や孫に会いに行くのには、軽トラックではしんどいのではないかと悩まれていました。

私がお子さんやお孫さんに会いに行くのは一年間にどれくらいですか?と尋ねると年間に5回程度だと仰ります。それならお子さんに会いに行く時はレンタカーを借りてみたらどうですか?とご提案いたしました。夫婦二人なら軽自動車で十分です。日帰りらしく1回のレンタル料も5千円くらいのもので、一年間に3万円の出費で済みます。

このようにお伝えすると、「なるほど!」と、納得頂いたようでした。
しかし、旦那様はそれでは逆にこのトラベルハウスをレンタルすればいいのではないかと考えました。これまで車中泊してきた経験上、旅行に行くのは年に2、3回のようです。普通の車を購入して、キャンピングカーをレンタルする。その方が一見、上手く買い物できているように感じます。

しかし、そこで私は、こうお伝えいたしました。

「キャンピングカーをレンタカーで借りる場合、皆さん同じことを考えます。つまり、車中泊がしやすい春と秋、それからハイシーズンと呼ばれるところに集中します。そうすると、行きたい時にレンタカーがないという事態が起きます。だから数ヶ月前からレンタルの予約をしておかないといけなくなりますが、それはもはや旅行の計画です。決してふらっと行く感覚はそこにありません。時間が空いた時に、目的地も決めずふらっと出かける。そんな旅がしたいのであれば、レンタカーではできないんですよ。」

このようにお伝えさせて頂くと、奥様が
「そうなんですよ。ふらっと旅行に行きたいんです。」と意見を仰ってくださり、
旦那様もその意見に賛同。結果、トラベルハウスをご購入されました。

キャンピングカーをレンタカーで済ますこともできます。
それは一年間に行く頻度を考え、割に合うかどうかを計算するのも一つです。しかしそれ以上に、持っていることの意味をもう一度考えると、レンタルではダメかもと思えてきます。逆にレンタルでもいいかもと思うかもしれませんが。

自分に合う方法を、じっくりお考えくださいませ。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー