北海道参上イベントに参加!~1日目~

8/26,27と北海道参上イベントに参加しました。
トラベルハウス販売チーム オシャレ番長 古川さんは
既に舞鶴から船で上陸しており、私はその後を飛行機(LCC)
で追いかける形となりました。

まず私、個人の行程としては
1日目
AM9:00 新千歳空港着
AM10:00 レンタカーにて移動
AM12:00 札幌市内にてランチ
PM14:00 道の駅スペース・アップルよいち
PM18:00 展示会終了
PM19:00 札幌市内に移動、夕食
PM23:00 札幌市内にて観光スポット巡り
AM 1:00 花ロード えにわ に移動 → 車中泊

2日目
AM6:00 おじ様達に起こされる
AM7:30 起床
AM9:00 展示会開始
PM15:30 新千歳空港に向け出発
PM21:30 帰宅

まあまあ過密スケジュールでとてもじゃないですが
北海道を満喫という訳にはいきませんでした。

スープカレー初体験

古川さんと合流前に腹ごしらえをしようと、
札幌市内のスープカレー屋さんに立ち寄りました。
タイガーカレー

 

 

 

本州ではまだまだ知られていない存在ですが道内ではカレーと言えば
スープカレーが主流の様です。読んで字の如く、スープの様にさらさらした
カレールーにサフランライスを浸けて食べます。
ドロドロのカレー好きとしては邪道と思っておりましたがスープカレーは
スープカレーで独立国家を築き上げている様で、深みのあるスープが
食欲をそそりご飯が無くなった後もするするスープを飲み干せました。

スープカレー初心者と思われたくなかった私は出された瞬間に
さっと店内を見回し食べ方を盗み見。小市民

ちなみに私が札幌市内で舌鼓を打っている間、お客様が
どしどし来られパニック状態だった様です。古川さん、すんまへん。。。。

そして私もスペースアップルよいちに到着

キャンピングカーが多い事、、、

 

 

 

 

北海道の道の駅には全国からキャンピングカーが集結します。
それも大きい物ばかりで圧巻。中には自作の方も居られましたがその中でひたすら異彩を放つ我らがトラベルハウスはミニマリストにぴったりどはまりし超人気物。
うん、北海道上参上イベントは面白い。

いわば北海道は車中泊の聖地の様に感じました。
なぜか紅の豚の1シーンが僕の中で想起されましたがそれはご想像にお任せします。

占い師との出会い in travel house

今回、お客様の中で占いをされる方に出会いました。
その方、とても凄いんです!何が凄いかって占星術、易占い、タロットカードの3種類を駆使し占いをされているとの事。御多分に漏れず私もトラベルハウス内で占って頂きました。

トラベルハウス内で占って貰うと空間の機密性からか神秘性が高まりまるで異空間に居る様でした。2人きりならディープな話も出来てしまえる、トラベルハウスはこういう使い方も出来るんですね。
え、結果ですか?それは言えませんよ!

札幌市内で夕食

札幌市内に移動し古川さんのスノボ友達である
田村さん御用達のイタリアンをごちそうになりました。
(実は個人的に夜はお寿司を食べようと勝手に決めていたのですが、、、)
田村さんオススメのラザニア めちゃうまでした。

オルタナ

 

 

 

ちなみにその店にトラベルハウスで乗り込みましたが
北海道仕様のトラベルハウスはまァー絵になる事。
店舗のトータルデザインとしても提供出来るのでは?と
新たな可能性にワクワクしました。

札幌時計台、テレビ塔での撮影


札幌市内の観光スポットでトラベルハウスをフロントに撮影会。
古川さんのカメラ魂に火が付いた様で道路に寝転びながらひたすらアングルを探してました。
ちなみに市内でトラベルハウスは目立ちまくり特に外国人に受けが良いみたいであれは何だ?と指で差されたり携帯で撮影されまくりと世界戦略が出来そうな予感。

そして我々は深夜 花ロードえにわ に到着

トラベルハウス内での就寝

古川さんとの車中泊。日本人離れしたヒゲもじゃソース顔2人が寝食を共にする等、我々を知る方はおぞましいと思われるでしょうが、当の本人らはあれやこれやとキャッキャ言いながら楽しんでおりました。

真夜中トークっていくつになっても盛り上がるんですね、めちゃくちゃ楽しかったです。

北海道参上イベントに参加!~2日目~ に続く

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー