<安全上のご注意> 乗車人数に関して

トラベルハウスを利用する際の注意点があります。

その中でも今回は安全上危険がある点についてお話します。ご購入をお考えの方は、こちらを事前にしっかりお読みください。

乗車人数に関して

安全面に関する注意点。1つめは乗車人数に関して。
軽トラックの乗車人数は最大2名までです。運転席と助手席に1名ずつ。12歳以下の子供であれば2人くらい乗せてもいいのではないかと思われがちですが、それもできません。運転手1名に対して、助手席に座れる人も1名だけです。

走行中はハウスの中に入ることはできません

「ハウスの中に乗ればいいんじゃないか?」とお考えの方がいらっしゃるかもしれませんが、原則できません。移動中は運転席と助手席に1名ずつです。この事実をまずご理解頂きたいと思います。

停車時は4名就寝可能です

ただこのようにお伝えすると、「ホームページには4人就寝可能と書いているんだけど」とご質問を頂きます。この4人就寝可能という文章は、車が停止している場合に限り、2段ベッドを展開すれば、4名が就寝するスペース、重量の耐久性が十分にあるという意味です。移動中に4名まで乗車しても良いという意味ではありません。

それをしてしまうと4ナンバーではなく8ナンバーになってしまいます。

2名以上で出かける際は

例えば、おじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんと一緒にトラベルハウスに乗って旅行に行きたい場合は、移動にはもう一台車が必要になります。就寝時は、お孫さんと一つ屋根の下で寝ることができます。

ペットに関して

ただし人間ではなくペットに関しては、移動中でもハウス部分に載せることができますので、ペットと一緒に旅行に行きたいという方はご安心ください。

ご契約の際には上記の点をしっかり伝え、書面にサインを頂いております。
安全面を考慮して、まず最初にお伝えしておかなければならない点です。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー