中古の軽トラックに載せる際の注意点

「中古で購入した軽トラックでも問題ないですか?」
「10年前の13万㎞以上走っているボロなんですけど、ハウスを積んでも大丈夫ですか?」
こういったご質問をお客様から頂きます。

軽トラックは、新車で購入すると、一番グレードが低いもので70万円くらい。ATにして、自動で窓が開くようなオプションなども追加すると、大体手数料も含めると100万円くらいはかかってきますので、できれば中古でとお考えの方もいらっしゃるかと思います。また、今乗っている軽トラックをできれば利用したいという方もいらっしゃいます。

ハウスは、基本的にはどの軽トラックであっても取り付けることは可能です。現に工場長は、30万㎞走っているスバルのサンバーに数ヶ月前までハウスを載せて旅行に行っていました。ハウスの重量は標準仕様で約280kg。軽トラックの最大積載量が350kgですので、重さには余裕があり、問題はありません。

しかし、弊社は新車の購入をお勧めしております。その理由は、1つに軽トラックは中古であっても値下がりがほとんどないからです。年式が1、2年前で走行が2万㎞などの場合、値下がりはせいぜい10〜20万円くらいです。

一方、年式が10年前で走行が10万㎞を超えているような中古であれば、新車の半額以下で購入できるかもしれません。ただ、それだとハウスを載せた状態でしっかり走ることができるのか?どれくらいの年数壊れずに使えるのか?問題は多々あります。

さらにトラベルハウスで重要なのは、ハウスを載せる荷台部分ですが、その荷台の状態も心配です。例えば左右のあおりが曲がっている。底面が凸凹しているなど。せっかく車を購入したのに、弊社のスタッフが見て、残念ですがハウスを載せられないという可能性もあります。

最大積載量が350kgだからといって、古い軽トラックにハウスを載せて、快適に走行できるのかもわかりません。例えばいつも登れている自宅までのちょっとした坂道が登れないということもあるかもしれません。

そして、中古は止めて新たに軽トラックを購入ということになったとしても、ハウスはそれぞれの軽トラックの寸法に合わせて製造しているため、年式が近い同じメーカーの車にしか合いません。このように乗り換え時にも問題が発生します。そのため中古車の購入、現在使われている車に載せる際には十分注意が必要です。

とは言っても、既に軽トラックを持っている方は、ハウスだけの購入で済ませたいというお気持ちも分かりますので、その点は一度ご相談頂いた方がいいかもしれません。

以上をまとめますと、軽トラックをまだ持っておられない方は、新車の購入をお勧めいたします。新車であればディーラーさんの保証が付いてきます。何かあった時に助けてくれるはずです。そして既に軽トラックをお持ちの方は、年式と走行距離から、ハウスを載せて何年くらい遊ぶだろうか?3年遊べたら十分だから今の軽トラックでいいか、など。ご自身が使われる期間などから決めて頂くのもいいかもしれません。

それでもどちらがいいか迷われる場合は、一度弊社にご相談ください。
あなた様に最適なご提案をさせて頂きます。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー