会社を定年したらやりたいこと

「会社を定年したら、妻とキャンピングカーに乗って色んなところを旅行したいです」

展示会をしていると、定年を2、3年後に控えた旦那様が奥様と一緒にご来場されます。今乗っている車では、車中泊するには小さく、体を真っ直ぐにして寝ることができないため、今の車を下取りに出して、新しくトラベルハウスにしようか、軽ワゴンのキャンピングカーにしようか、と思案されています。

こうした方がキャンピングカーを選ぶ際に、どんなことを考えているのか?どんな旅行を望んでいるのか?もし同じような立場にいらっしゃるなら、ご参考にされてはいかがでしょうか?

共通点

お話をお聞きすると、皆様の考え方で共通していることがあります。一つは、お子さん、お孫さんと一緒に行くとは考えていません。あくまで夫婦で楽しむために購入したい。定年を迎えたこれからの人生、自分たちがもっと楽しめるようにと思っています。だから軽の車で十分。トラベルハウスは2人乗りですが、全く問題ありません。

軽にすれば維持費が安く、大型と比べて価格も安いです。車に費用を掛けるよりも、これから楽しむ旅行先でお金を使う方が賢いと考えています。

Simple is the best

そして、内装の仕様は意外にシンプルな物を選びます。フル装備にして優雅にというよりは、必要最低限の装備にして、使ってみて必要だと感じたものは、ご自身で何とかされます。ホームセンターやネットを駆使し、知恵を絞って上手くやりくりします。そんな器用さがあるため、より賢く金額は抑えられます。

このようなご夫婦が時間に余裕があるかと言えば、実は意外と時間に余裕がありません。車中泊ばかりしているわけにはいかず、友達とカラオケに行ったり、習い事に行ったり、買い物に行ったり。毎日が充実して忙しいのです。

そのため、旅行の頻度は月に1回程度。2泊3日くらいの旅行日数で、そこまで遠くには行かず、でも飛行機や新幹線では行けないところに、時間を気にせず、どちらかと言うとのんびりと旅行をします。

ご飯もコンビニなどで済ませるくらい正直適当。電子レンジさえあれば今の時代十分やっていけます。目的地を目指して行きますが、道中で予定を変更することも。目的地はあってないようなものです。車で夫婦だけで旅行をしている。それが楽しいのです。

そんな遊びを、定年を迎えてから運転がしんどくなるまで。ゆらゆら・・・時間の流れるままに・・・夫婦仲良く・・・誰に気兼ねすることもなく・・・ただただ自分の残りの人生を楽しむために・・・。

私の老後もこんな風にありたいと思います。

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー