TRAVEL HOUSE Twin(トラベルハウス ツイン)

…TRAVEL HOUSE Twin…
ツインとは、「一対であること、2人用の部屋」の意味です。
重量はオプションが何も付いてない状態で約280kg。

トラベルハウスのツイン仕様はソロ仕様と比べて何が違うのか?

  • 椅子の配置
    ソロ仕様がL字型に対して、ツイン仕様はカタカナのコの字型です。
  • テーブルの向き
    ソロ仕様では右側にテーブルがありますが、ツイン仕様では正面にテーブルがあります。

変更点はこの2つです。

夫婦で行くなら最高の形

椅子とテーブルの2つが違うとどう変わるのか?

椅子下収納がたっぷり

ソロ仕様では収納場所が少なそうと感じる方は、ツインの方が良いと思います。
例えば、長期の旅行をメインに行く方。買い物が好きでお土産をたくさん買ってしまう方。旅行となると荷物がどうしても人より多くなってしまう方。山に篭って何日ものんびりしたいから、クーラボックスに飲み物をたくさん詰めて行く方などなど。知り合いのお家でありませんか?「一体何を入れるねん?」というほど収納が多いお家。収納が多いと何となく安心しませんか?万が一のために収納は多い方がいいのかもしれません。

向かい合って座れる

ソロは隣り合わせにしか座ることができません。
これってソロとツインの重要な違いなんですよ。
なぜなら、、少し想像の世界にお付き合いください。
あなたは62歳の男性です。旦那として、子供も一人前に育て、今は奥さんと二人暮しです。昔はよく家族でキャンプとかしていたけど、子供が大きくなってからは全然です。あの時の楽しかった感覚を、今度は奥さんと二人で取り戻したい。そんな思いを持った旦那さんだったとして、ソロ仕様かツイン仕様かどちらを選ぼうか?悩んでるんです。

どっちにしようかな?収納はやっぱり多い方がいいかな?
色々考えると思いますが、果たして一番重要なのは、ハウス内でご飯を食べる時、テレビを見る時、会話をする時、長年連れ添った奥さんと隣り合ってできるのか?奥さんは隣り合ってくれるのか?如何ですか?結構難しい質問ではないでしょうか?この質問にすぐに「できる」と答えられる方は、少ないような気がするのですが、どうでしょうか?

つまり一緒に行く方のご意見も伺う必要があり、隣り合うのが難しいなら必然的にツインになります。

正面のカウンターは固定式。重たいものも置いておける

ソロのテーブルは取り外しタイプのため、物をテーブルに固定することができません。一方、ツインの正面カウンターは固定式なので、電子レンジや湯沸かしポット等をカウンターに固定して置いておけるため、移動中でも落ちる心配がありません。一方ソロのテーブルは取り外しタイプのため、電子レンジを置いても落ちないようにテーブルに固定することができません。

もしソロかツインかお悩みでしたら、
以上3点を考慮してみて下さい。

<TRAVEL HOUSE Twin>

・ドア W540mmxH1580mm
・テーブル 固定式
・ジャッキ 手動巻上式
・窓(右側) W700mmxH500mm
・内部コンセント 3つ
・外部コンセント 1つ
・出入り用階段 ラク軽ステップ
・ドアチェック 室内側
・照明 LED2ヶ所
・換気器具 換気ガラリ
・タイルカーペット

販売価格 98万円~(税抜)

選ばれる理由

しかしそうは言っても決めかねている方にお伝えしたいのは、このツイン仕様は、実はこのトラベルハウスを製造している工場長が、普段車中泊をしている時の仕様です。

私はこのツインを別名「夫婦仕様」とも言っており、工場長自身も「夫婦で行くなら最高の形」と自分の経験をもとに完成させたレイアウトです。そのため、このツインをご購入頂いた方の多くが、ご夫婦でご利用される方々です。

 

 

 

以上。3つの仕様の特徴をご理解頂けたでしょうか?
振り返ると、

ベーシックは何もないが故にプロ仕様。
ソロは一人でゆったりしたい、恋人と行くには最高の仕様。
ツインは夫婦にとっては最高の仕様。

3つの仕様から、あなたにとってベストな仕様をお選びください!

※こちらに表示されている価格は全て税抜き価格です。
※2017.8.13時点の仕様と価格を掲載しています。
※今後、改良のため予告なく仕様及び価格を変更することがございます。

小泉

このページのトップへ戻る

メニュー