製作者の想い

「移動する住宅」を広めたい

日本で初めての軽トラックキャンピングカー専門店として立ち上がり、大変たくさんのユーザー様に愛されてきましたトラベルハウス。多くの方々の利用方法、したいことへの改善点をたくさん、本当にたくさんご意見を頂戴し、すべて解決しようと本気で思いました。
発売当初のトラベルハウスは何をするにも、重量が最大の問題でした。とにかく軽くしたい、それも耐久性を上げて、使用感は落とさずに。これができれば多くの問題を解決できる。逆にこれをしないと問題は解決できない、とわかりました。

「企画設計のお話」

そのために取り組んだことは木造ではなくて、アルミ造のトラベルハウスの製造です。木造は確かに安く丈夫に作れますが、重さがほぼ350㎏になってしまいます。これでは旅行に行くための荷物すら積めません。薄く補足したりすると今度は耐久性が持ちません。次いで考えられることは鉄骨造やFRP製ですが、鉄骨造はより重たくなりました。製造原価は下がりましたが、道路交通法を遵守できないわけで、これは問題外。次にFRP製ですが、こちらは確かに作れそうでしたが、経年劣化が激しく、車と溶接しないと雨漏りが発生するのは時間の問題である、とわかりました。コーキング処理だけではいずれ絶対に水漏れする構造なのです。これは現在のキャンピングカーでも多発している問題であるとユーザー様のおかげで分かりました。また、トラベルハウスは車から脱着できないと意味がない、という考えがあります。万が一の時に車は車、トラベルハウスはハウス、として使える必要があるからです。そこで海外の2000万円クラスのキャンピングカーを見てみると、アルミ造のものがありました。素晴らしく豪華で、素晴らしく高価です。これだ、と思いました。そこからアルミを主体としたトラベルハウスの開発が始まりました。

「インフラ設計のお話」

アルミを使って、車に載せて、移動をする。これって意外と難しいのです。車で移動をすると、それはもう無数の振動が常に発生しているようなもので、アルミをビス止め等をすると、いつかは取れてしまうのです。だから溶接が必要になります。溶接は強度も耐久性もしっかりしています。だけど、アルミの溶接は難しいのです。それは結局コスト高につながります。材料費も上がり、接合でも費用が余分にかかってくる。つまりは価格を上げなければいけない、といろいろと悩みが増えました。これらを解決するために、多くの決断を下しました。まずは完全自社工場の取得です。次いで、溶接費用を下げるために、初期投資は大きく跳ね上がりますが、船舶会社レベルの溶接ロボットを導入しました。完全にオーバースペックですが、コスト低減のためです。仕方がない。アルミをベースとする設計だけでは、住宅が冷たくなってしまうので、木材を内装仕上げで取り入れました。断熱材もしっかりと充填しております。金属と木材の融合を、車と住宅の融合を、同時に成す工場の設計をし、実際に稼働をさせていきました。年間で1000台を大幅に超える生産を可能とする夢のキャンピングカー工場が出来上がりました。実際ロボットが導入されたときにはワクワクが止まりませんでした。

「オペレーションのお話」

しかし往々にして、夢を抱き、ワクワクした後には悲しくなることもしばしば。そう、工場稼働当初は、実際にオペレーションをする人のスキル不足や、購買等のサプライチェーンの未整備、販売側との仕様変更や納期の伝達などの連携がうまくいかなかったのです。しかしスタッフや販売ディーラーみんなの、連日朝方にまで及ぶ努力の結果、日本一のキャンピングカー工場が誕生しました。まだまだ改善していくことはたくさん、本当にたくさんありますが、前向きに着実に一歩ずつ改善をしていきます。

「商品に込めた思いの話」

トラベルハウスは業界最軽量高耐久性をほこり、人がハウスの内部で立てる広さを確保、住宅並みの断熱性を施し冬でも使える保温性を兼ね備え、ご自身でDIYも楽しめる夢のキャンピングカーへと進化を遂げました。そしてユーザーの皆様に所有するだけではなくて、たくさん、本当にたくさん使ってもらい、皆様の人生に素晴らしい体験を、日本文化の良さの再発見を、していただきたいと思っています。そしてトラベルハウスディーラーやユーザー様たちによる新しいコミュニティを創り出し、人が集うことによる熱気を生み出し、新しいトラベルハウス仲間を増やしていってもらえたら、作り手として本当に幸せなことだと思っております。完全日本製の、日本の道路やコンビニ等のインフラ事情に最適化された軽ベースでの移動住宅を使い、新しい住宅として、いつかは世界に広げていければ、という信念をもとに、日夜製造と販売を仲間たちとともに、行動をしています。このカタログをお読みのあなたにも、一緒にその文化の醸成をしていただきたいと思っております。あなたと一緒の時代に生まれたことを幸せに感じ「トラベルハウス」を創り続けてまいります。

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー