どの軽トラックにもトラベルハウスは装着できるのか?

軽トラックにはたくさんの種類があり、メーカーさんや製造された年によってもサイズや性能が異なります。そこで、弊社が販売している軽トラック用キャンピングシェル「トラベルハウス」はどのメーカー、いつの年代の軽トラックでも装着可能なのか?という疑問にお答えしていきます。

  • 荷台に合わせてシェルを製作
  • こちらの2点にご注意ください
  • ご質問がございましたらこちらへ

荷台に合わせて製作

軽トラックはメーカーさん、製造された年代によってシェルを置く荷台の大きさも変わってきますので、それぞれの軽トラックに合わせたシェルを製作する必要があります。お客様から「自分が持っている軽トラックでも作ってもらえるのか?」といったご質問を頂くのですが、トラベルハウスは一つ一つが職人による手作りのため基本的にはどの軽トラックであっても搭載は可能です。しかし車種や種類によっては2段ベッドが付けられないといった、お選びいただけない仕様というものがございます。
※特装車に関しましては、取付け不可でございます。

こちらの2点にご注意ください

  1. 種類によってはオプションが付けられない可能性がある
  2. 中古の軽トラックを購入される方、または現在お使いの軽トラックをご利用になりたい場合、シェル設置スペースがうまく取れない可能性がある点

1.種類によってはオプションが付けられない可能性がある

例えばダイハツ製のハイゼットですと、グレードの種類によってジャンボというものがあります。弊社のお客様でもよくこのジャンボにお乗りになっている方がいらっしゃるのですが、ジャンボは運転座席がリクライニングできるように作られているため、荷台の長さが通常の軽トラックよりも約30㎝短くなっています。それに合わせるのでシェルの長さも通常に比べて30cmほど短くなり、1m70cm程度になります。その為、身長が160cm以上の方でしたら真っすぐ寝ることが難しくなります。

2段ベッドを選択して頂くと、2mの長さが確保できるので、まっすぐ寝て頂けますが、車の全高も約10㎝低くなりますので、40cm程度になり、人によっては圧迫感を感じるかもしれません。
※ジャンボ仕様でも価格の増額はございません

このように、軽トラックの種類によっては設置できないオプションがございます。詳しくは、弊社にお尋ね頂けましたら幸いです。

2.中古の軽トラックを購入される方、または現在お使いの軽トラックをご利用になりたい場合、シェル設置スペースがうまく取れない可能性がある点

2においては注意が必要です。と言いますのも、現在使用している軽トラックを利用する場合、または中古の軽トラックを購入しようとお考えの場合、荷台が新車の状態と比べて大きさが異なるということがありえます。よくあるので言えば、左右と後ろのあおりの部分が曲がっている事がございます。

シェルは荷台の幅に合わせて製造しており、シェルとあおりの隙間は1〜3㎝未満に設計しております。ですので、あおりが曲がっていますと、真っ直ぐ入らない、またシェルのサイズを小さくしないと入らないということになります。そのため、中古車や現在お使いのものを利用される場合は、注意が必要です。

ご質問がございましたらこちらへ

以上の2点を十分考慮して軽トラックをお選び頂ければと思います。また「この場合はどうなるの?」など、疑問ががございましたら、お気軽にお電話またはメールにてご相談下さい。

お問い合わせはこちらから
メールでのお問い合わせ
⇒フリーダイヤル 0120-060-999
(営業時間:平日9:00~18:00祝/休)

小泉

このページのトップへ戻る

メニュー