特長と仕様

基本仕様はシンプルに 必要最小限のモノに抑えながらも 住宅用断熱材を使用し、快適性能は追求。
小さなボディですが、めざしたのは住宅と車両の融合です。

仕様

  • 材質:構造躯体 アルミ溶接仕上げ 外側鋼板パネル/ 内側約9mm(床12mm)ベニア地 内装仕上げ材高級プリント仕上げ
  • ハウスの重さ:約180kg ※基本装備のとき
  • 経済産業省 製品安全に関する事業者ハンドブック(2012年6月版) に準拠し製品設計を実施

特長とメリット

住宅性能の断熱効果と車ではありえないレベルでの遮音効果を発揮

住宅用断熱材を全方位で使用。トラベルハウス自体を包み込んでいますので、空調の効きが車と比較すると非常に高いです。夏はエアコンが効きやすく、冬は温まり方が早い。また熱が奪われにくいので、保温効果も持続しやすいです。快適な空調を確保できます。 住宅用断熱材は遮音性にも大きく効果を発揮します。パーキングエリアで隣でトラックがエンジンをかけっぱなしでも、ほとんど気にならずにハウス内では過ごせるレベルに。快適な安眠が翌日に疲れを持ち越させない秘訣です。

4ナンバー軽トラックの法的要件をクリアし、維持費が安い

改造車(8ナンバー)扱いにもならないので、保険も、高速代金も軽自動車のまま。
トラベルハウス自体も軽く、燃費も従来比でかなり向上しています。

安心の縦横構造強度 積雪200kgにも余裕で耐える(※1)

アルミ溶接造だから生まれる安心の強度と耐候。走行中の車両は常に地震の様な振動を上下左右から受けている状態です。何万回という振動にも耐える構造強度とジェット放水試験による防水性能テストにより、昨今人気の高まりと共に問題になっているキャンピングカーの歪みや経年劣化による雨漏り等の不安を払拭。積雪1mにも耐える屋根、万が一の大雪でも安心です。
また、時速30kmでの衝突実験・高さ1mからの落下実験では、外装は損傷しましたがアルミの構造フレームはほぼ無傷でした。
※1:開発時の実測では400kgの鉄板でテスト(右側下の画像はテストに使用した筐体との記念撮影です)

重量180kgにまで抑えた超軽量ボディ

軽トラックの積載可能重量は350kg。バッテリーセットやエアコン、長期旅行用の荷物やお土産などを積んでもまだまだ大丈夫。軽くなったおかげで夢をたっぷり詰め込むことが可能になりました。趣味のグッズをずっと積んでても問題なしです。

室内で立てる高さを確保

室内空間充実の高さ176cmを確保。ほとんどの方が室内で立てます。アウトドアにつきもののズボンの履き替えなども室内で楽々。
幅128cm 床奥行き204cmとセミダブルベッドがすっぽり収まります。ゆったり寝るもよし、ソファを入れて、おしゃれな個室空間を彩るもよしです。

DIYできる木部の厚み

初心者でもDIYしやすいよう、あえて直線的な基本設計にしました。小物収納棚や、食器収納棚などを自分で取り付けしたい、自分なりの個性を出していきたい、という方のために壁パネルのどこにでもビスが効くように設計しています。お好みの内装を創り上げてもらえるので、住宅でできるDIYはトラベルハウスでも可能です。(電気の配線図面をお渡しします。配線部はビスを打てません。)

車両部分のみの交換が可能

ダイハツハイゼット©、スズキキャリィ©、ホンダアクティ©は2019年現行モデルは相互載せ替え可能です。
車を乗り換えてもトラベルハウスはずっとつかえますね。

収納が多く広大な就寝スペースを確保

標準で運転席の上部にはロフトがついてきます。このロフト奥行きが90cmもあり、かなりの収納量。
100kg程度を載せても強度を保つ強度十分設計です。布団もまるまる入っちゃいます。
オプションの家具を床面に付けると収納量はさらに増えます。家具の中にもクーラーボックスが入れちゃう。家具はベッド展開にも利用可能ですので、機能的です。
広いし足を延ばせるので次の日の活動にもノーストレスで励めますよ。

内部と外部の両方から電気(100V家電)を使える

標準装備で外部供給のコンセントを利用可能。ハウス内部は常に100Vの電気が使える状態に。外部へのコンセントも用意していますので、外部での照明やポットなども利用できます。
オプションのバッテリーセットは外部電源のない場所でも電子レンジが使えるレベル。しかも走行中に充電が自動で始まります。
ソーラー発電システムを利用すると日中に充電を促進。ある日思い立った日にいつでもバッテリー満タンで旅行が楽しめます。
カー用品専用の特別な制限もなく「住宅を持ち運べる」という感覚を得ていただけることと思います。

4ナンバーの軽トラックにそのまま積載可能、脱着も可能 (脱着は一人でも可)

車両から完全に取り外せるので、車検でも全く心配がいりません。
「ハナレ」として書斎代わりにも使える安心設計、自宅に一室増えた感じに使えます。
非常に軽量で加速も馬力も、驚きの快適さ。運転席上部にハウスのロフト部がくるので、走行中は包み込まれているような、安心した走行が可能になります。

最大4人就寝が可能 ※オプション「二段ベッド」装着時

オプションの二段ベッドを装着すると子供達が大好きな屋根裏部屋の様なワクワク空間が!!
お孫さん一家と共にテント&トラベルハウス、コテージ&トラベルハウスなどのハイブリッドキャンプも楽しめます。

シンプルな基本設計

とにかくシンプルに。携帯電話と一緒で何もインストールされていない状態が一番スマート。そこから自分流にアレンジして、使いやすさを追求していくのがトラベルハウス流。
登山に、釣りに、キャンプに、仕事に、ホテル代わりに、どんどんカスタマイズできてしまいます。

充実のオプションラインナップ

ユーザーの方から届くリクエストの数々をもとに製品化。
どんどん追加されていくし、既存のオプションもどんどん改善されていきます。一緒にトラベルハウスという価値観を創り上げていく楽しみを、体験していただきたいです。

自由に選択できる内装カラーバリエーション

住宅資材のプロだからわかる、仕上げ材を利用。無塗装品を使って短期的にはきれいで、かつ安く仕上げる工法をとらず、長く高品質な状態を保てる、住宅用の内装仕上げ材を選定しました。張り合わせに大変手間がかかるけれども、ずっと汚れが付きにくく変色にも強いです。結露を考慮した材料選定をしております。

カスタマイズ自由な外装カラー

外装は鋼板を利用しているので、デザインシートが貼りやすい。皆様のデザインセンスを発揮するためにも購入者の方にはデザイナーとの打ち合わせ用シートをお渡ししております。多くの方の注目を集める楽しさもありですよ。

驚きの納期を実現

一般的なキャンピングカーは約1年待ち。 トラベルハウスは基本装備で驚きの2か月を実現。軽トラックの新車を段取りされるのとほぼ変わらない納期でご提供致します。

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー