奥様は絶対に一緒に旅行に行ってくれないとお考えの旦那様へ

先週土曜日、10日間ほど続いていた住宅リフォーム工事が終わり、管理者として最終確認とご請求書をお渡しするため、ご自宅にお邪魔しておりました。

従来の工事から追加追加で、結局総額300万円近くの工事になったのですが、お客様はとても満足されていて、色んなお話もして下さりました。

奥様にトラベルハウスのことも話しましたが、カタログをお見せして二人しか乗車できないということを伝えると、「なんで旦那と一緒に旅行に行かないといけないのよ!」とびっくりしていました。

「世の中には旦那さんと一緒に旅行に行きたい、もしくは行ってくれる奥様もいるんですよ〜」と冗談半分でお伝えしたのですが、同じ年代でも家族の形によって様々だなと感じました。

旦那様と奥様の気持ち

トラベルハウスを利用したいと考えている方は、そもそもの前提条件として奥様が旦那様と2人で旅行に行くのが苦ではないと感じている必要がありますね。

「トラベルハウスで旅行すればきっと楽しいですよ!」と勧めても、まず行きたいと思わなければ行く必要もないので、その感情はテコでも動きません。「旦那と行くくらいなら、友達と行くわ!」と言われました。(笑)

私の両親も100%行かないと言っていますし、友達や知り合いに聞いても行かないだろうと言っています。「あれっ、トラベルハウスを利用する潜在的な人数は全然いないんじゃないか?」と思い不安になったのですが、よくよく考えるとこれにはカラクリがありました。

つまり、奥様は行きたくないと答えますが、一方で旦那様は「嫁さえ良いと言えば行ってやってもいいけど」というスタンスだったのです。それどころか多少行きたいという思いが強いように感じます。奥様の説得に全てかかっているのです。

男性としてはちょっと悲しくなりましたが、そんなもんだと開き直り、「奥さんをどうすれば口説けるのか?」これを考えないことには需要は伸びません。

トラベルハウスは旅する家です

こちらを読まれている方で、奥様は現状絶対に一緒に行ってくれないとお考えの旦那様!トラベルハウスは他の車中泊車と少し違う点があります。そこを奥様に真剣にお伝え頂ければ、きっと夢の車中泊ライフを手に入れることができますよ。

奥様がなぜ嫌かって旦那様と行きたくないということもありますが(笑)。
それ以上に車であることが苦痛だったりします。新幹線や飛行機に慣れていたら尚の事そうだと思います。そんな時はこう言ってあげてください。

トラベルハウスは旅する家です。自宅から家を載せて移動するので車より苦痛を感じません。運転は旦那様が引き受け奥様にはくつろいでもらいましょう。シェル内にはテレビやDVDが観られる設備は必須です。これは購入された奥様が口を揃えて言います。

ワンルームに居る感覚でくつろげます。シェル内では十分立てますし、就寝は布団を敷いて寝られます。まるでご自宅と変わりません。断熱材のおかげで快適なシェル内温度を保っています。万が一暑い場合は運転席のエアコンをシェルに取り入れてあげれば、すぐに快適な温度になります。

実際にトラベルハウスをレンタルされたお客様から言われます。これまで奥様が一緒に行ってくれなかったんですけど、試しにトラベルハウスをレンタルし強引に誘うと、最初は嫌がっていましたが、いざ車中泊をすると、奥様の方が楽しんでいたとかはよく聞きます。

家だからこそ奥様が喜んで頂ける商品になっているのだと感じています。
是非一度トライしてみてはいかがでしょうか?

小泉

トラベルハウスに関するお問い合わせ

無料カタログ請求をご希望の方

カタログ請求する

お見積りやご相談をご希望の方

メールで問い合わせる

真剣に購入を検討されている方

フリーダイヤル:0120-060-999

※カタログのご請求はメールからお申し込みください。お電話はトラベルハウスについての具体的なご相談をお受けるための専用ダイヤルとなりますので、お電話でのカタログ請求は承っておりません。予めご了承ください。

このページのトップへ戻る

メニュー